“コンパクトの車を購入する際に新車と中古車、どちらを購入するか考えると思いますが、
どちらが安く購入できるんでしょう。

新車の場合は自分が付けたいオプションがあるときは
そのオプション代が販売価格に加算され実際の価格より割高になります。

中古車の場合は買取や下取りをした車のオプションは取り外さず
そのままの状態で販売するためのメンテナンスをするので販売価格に含まれ、
金額があがることはないんです。

コンパクトの車は今人気があり販売価格でも年式や車種の色などで変わってきます。
そして何といっても気になるのが車にかかってくる税金だと思います。

これは車を購入すると必ずかかってくるんですね。
その中でも取得税は車両の金額に一定の税率3%がかかるので中古車が安く購入できるんですね。

今では新車としてもたくさんのコンパクトの販売台数があるし、
買取や下取りした車もたくさんあるから販売店などに行くと自分が希望している車より
はるかにいい条件の車が見つかり、安く購入できるかもしれません。”